5G(第5世代移動通信システム)時代の仮想通貨

おひさしぶりです。西村です。
今日は2020年、オリンピックの年になる5Gの商用化を目指す取り組みについてブログを書いていきます。
私の時代は1Gから始まり、大きな無線機を片手に通話しかできないものでしたが、2Gになりメールが送れるようになり、3Gになり動画や写真が撮れるようになりました。4G(2010年~現在)には、スマホ・タブレットでYOUTUBEなどの動画が見れるようになりました。
これが5Gになるとどう変わるかというと、大容量(現在の1000倍)・高速通信(現在の100倍)・低遅延化・多数の端末との接続・低コスト&省消費電力という目的を達することができます。

しかし、現在でも低い周波数帯をテレビ・ラジオ、船舶・航空、GPSなどで使われているため、高い周波数と低い周波数を使い、5Gネットワークの形成に着手してる模様。

それにより、冒頭でも書きましたが、オリンピックなどのイベントで高速通信は4Kの動画や画像を遅延なく送れ、大容量通信や多数接続はIOT(・・・インターネット経由でセンサーと通信機能を持ったもの達、例えば、ドアが「今、開いているよ」とか工場で機械が「調子悪いよ・故障しそうだよ」とつぶやき始めるのです。これらの情報をインターネットを介し、様々な場所で活用しようということ。)の実現に、自動運転やクラウド上のアプリケーション利用を実現する他、最近ではVR端末による、ライブで会議やスタジアムに行ってるような偽造体験なんかも視野に入ってるのではないかと言ってる人もいるくらい様々に多様化されることが期待できます。

このことで、5G関係の株や物に関して明るいのではと思いましたので、ブログを書ておきます。
また、5Gの世界にのなってからハッキングは混乱を招くことになるためサイバーセキュリティ対策などのために買った仮想通貨も私はあります。

今日は以上になります。いずれ、5Gの世界になる前の株や物に関してはブログを書きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA