5G(第5世代移動通信システム)時代の仮想通貨

おひさしぶりです。西村です。
今日は2020年、オリンピックの年になる5Gの商用化を目指す取り組みについてブログを書いていきます。
私の時代は1Gから始まり、大きな無線機を片手に通話しかできないものでしたが、2Gになりメールが送れるようになり、3Gになり動画や写真が撮れるようになりました。4G(2010年~現在)には、スマホ・タブレットでYOUTUBEなどの動画が見れるようになりました。
これが5Gになるとどう変わるかというと、大容量(現在の1000倍)・高速通信(現在の100倍)・低遅延化・多数の端末との接続・低コスト&省消費電力という目的を達することができます。

しかし、現在でも低い周波数帯をテレビ・ラジオ、船舶・航空、GPSなどで使われているため、高い周波数と低い周波数を使い、5Gネットワークの形成に着手してる模様。

それにより、冒頭でも書きましたが、オリンピックなどのイベントで高速通信は4Kの動画や画像を遅延なく送れ、大容量通信や多数接続はIOT(・・・インターネット経由でセンサーと通信機能を持ったもの達、例えば、ドアが「今、開いているよ」とか工場で機械が「調子悪いよ・故障しそうだよ」とつぶやき始めるのです。これらの情報をインターネットを介し、様々な場所で活用しようということ。)の実現に、自動運転やクラウド上のアプリケーション利用を実現する他、最近ではVR端末による、ライブで会議やスタジアムに行ってるような偽造体験なんかも視野に入ってるのではないかと言ってる人もいるくらい様々に多様化されることが期待できます。

このことで、5G関係の株や物に関して明るいのではと思いましたので、ブログを書ておきます。
また、5Gの世界にのなってからハッキングは混乱を招くことになるためサイバーセキュリティ対策などのために買った仮想通貨も私はあります。

今日は以上になります。いずれ、5Gの世界になる前の株や物に関してはブログを書きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

期待値を考えてトレードに臨めば、勝率があがる!?

こんばんわ。お久しぶりです。西村です。
今日は投資をする上で期待値についてお話ししたいと思います。

まずは期待値ということで確率のお話からですが、、、
賞金が2000円が1本、500円が2本、100円が3本、ハズレが4本入っているくじがあったとします。
この場合(2000円×1 + 500円×2 + 100円×3)÷10 を計算すればいいです。
計算すると330円となり、このくじが一回330円以上ならやっても期待値的には×ですが100円ならどうでしょう?330-100=+230円(期待値)ですのでやる価値があります。

仮想通貨やその他のトレードなどでは次の方程式が成り立ちます。
期待値=(勝率×平均利益)―(負け率×平均損失)
(※)勝率=勝った回数
平均利益=合計利益÷勝った回数
負け率=1-勝率
平均損失=合計損失÷負け回数

もしくは
期待値=
(利益の合計金額-損失の合計金額)÷合計トレード数

期待値が0より大きいトレードルールでトレードし続けることをお勧めします。
エクセルなどで一日のトレードの結果を書いてもいいと思います。

本日は以上になります。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。

ノアコインウォレット、iOS版は出ない!?

こんばんわ。西村です。

もう皆さんはノアコインのAirDROP申請をしましたか?

ICOでノアコインを買った方はご存知だと思いますが、6/30までにノアコインのホームページよりウォレットに移さないとAirDROPできません。要するに配当がもらえません。

ノアウォレットはandroid版は出たのですが、iOS版は6/30までには出ないのではないかと思っています。

Apple側も、Walletを出さないようなことを考えているのではないかと思いますが、何より、昨日が日曜日で今日から月曜日なので投資にあまり時間を回せなく、頭も仕事モードだと、一週間なんて直ぐ過ぎてしまいます。

一応、ノアは今かなり下げていますが、無価値とは言い難いのではないでしょうか?

なんとか私はAirDROPします。

ちなみにICOで2アカウント以上で、購入してしまった場合、(例えば、2期と4期とメールアドレスが変わっているなど2アカ以上の場合、)同じウォレットに入りませんので、マイイーサウォレットを2アカ作る必要があります。

できればここでコールドウォレットの登場と行きたいところですが、なにせ気づいたら1週間後に迫っているため、注文してもデバイスが間に合わない可能性がありますのでマイイーサウォレットを2アカ分作ってみてはどうかと思います。

もしくはスマホ(android6.0)を購入?するしかないですが、なにせ家電の知識がないので安く買えるかわかりません。。。

本日は以上になります。緊急で記事を書いたため、ところどころ読みにくいところがあると思いますが、よろしくお願い申し上げます。

閲覧いただき、誠にありがとうございました。

 

沈む船にするか?!確実な命綱をつけて海に飛び込むか??!!

ブログ閲覧ありがとうございます。
今日は会社で働くか?もしくは個人で稼ぐか?をお話ししたいと思います。

以前であれば、ビジネスを始めるためにはそれなりの資金が必要でしたが、今や大きな資本は必要ありません。ネットでビジネスを始めるために必要なインフラは、無料もしくは少額の資金で整えられ、自分の足りないところはネットを介して専門業代行業者を使って補ったりクラウドソーシングを使うこともできます。

組織に帰属し真面目に働き、給料をもらって、ひたすらルールを守って、定年まで勤める。これが日本のメインストリームだった時代は終わしました。経済が右肩上がりで、人口ボーナスが効いてた時代であればいざ知らず、そんな黄金期はとっくの昔に終わっていると思います。

沈む船に残っていたら船が沈むまでは命は保証されるが、その生命はすぐにつきてしまいます。海に飛び込めばおぼれてしまうかもしれませんが、命綱の仕組さえ作っておけば心配ない。荒波の中で生き抜くことができる。やり方次第で命綱を麻縄からもっと強度の高い鋼鉄製のロープに替えていくことも可能です。
さあ、あなたは不安に駆られながらも船に残り、沈むのを待ちますか?それとも命綱をしっかりと作り、未来へ飛び出しますか?

今日は以上になります。
最後まで見ていただきありがとうございました。

ストックビジネスとフロービジネス

こんにちわ。西村です。

お久しぶりです。今日はビジネスをする上で2つの種類についてお話ししたいと思います。

ビジネスは基本的に2種類に分かれてきます。ストックビジネスとフロービジネスです。

ストックビジネスとは毎月インカムが入ってくるようなビジネスで例えば、セコム、保険などといったように毎月の契約で収入を得る方法になります。

それとは逆に対義語でフロービジネスというものがありこれは自動車やレストランの食事などといったようにキャピタルゲイン系の一回売ったら終わりというビジネスモデルです。

今日はストックビジネスについてお話ししたいと思います。

例は悪いですが、仮想通貨で言うと、最近ICOが終わり、上場後、あまりパッとしないバンクエラなどもインカムが入ります。私も毎週イーサリアムが配当でもらえるということもありますので期待して少し買いました。最終的にはバンクエラの値が上がれば、バンクエラを取引所で売却し、キャピタルゲインも狙えます。

また、仮想通貨で言うとやはり、堅実なところで行くとマイニングかアービトラージです。しかし、仮想通貨を買うといってもお金がかかりますので今日はブログを作る勧めをしたいと思います。

私もブログを始めたばかりですが、いち早く情報を発信し、皆さまに伝えたいと思いました。資産から資産を作るということで、ブログなどもその資産にあたります。このことを初めて知り、ブログはリサーチとかを抜けば、一日40分くらいの時間でお金もほとんどかからなく、資産になると考えました。また、資産にならなくともいろいろな学びを与えてくれ、私は凄いと思いまいした。何か困ったことがあればインターネットで調べて、必ずHITする項目があるはずですのでそれも悩みを解決できる糸口になると思ったのです。私もブログを始めて間もないですが、参考になればと思います。

本日は以上になります。ブログを最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

仕組み化を考える上で分かりやすい思考法

こんにちわ!西村です。ブログの更新が遅くて申し訳ありません。。。

本日もご訪問いただき本当にありがとうございます。今日は会社でも使える仕組化の話をしたいと思います。もちろんビジネスで使うことを前提としておりますのでよろしくお願いいたします。

仕組み化を考える上で分かりやすい思考法がありますのでご紹介します。

まず制度・・・節税(タックスヘイブンなどや投資ならNISAなど)・アフィリエイターなら例えばASPの制度・以前はあった仮想通貨の無税など

次に個人スキル・・・物販・アフィリエイト・情報発信・投資などの特化したノウハウ

更にプロセス・・・これは過程にフォーカスして改善の余地がないか探り、仕組み化をすることです。

最後に場・・・仕組み化をする上で必要な時間や場所や物のことです。例えば、何時から何時までは副業に専念するとか、場所はお洒落なカフェのようなところにするとか、パソコンが必要かどうかなどを考えます。

通常、会社や団体に所属している人は制度と個人スキルに関してだけ、メスを入れがちですが、実はプロセスと場にもメスを入れないと良い仕組みは作れません。

このことは会社で働く人にとっても有効な手法です。

例えば、ある生成物を納期までに自社で使いたいとすると、まず、1日の流れで場所と時間を決めてもしくは上司に決めてもらい(場)、過程をなるべく報連相だけに頼らにように日付け・進捗状況をラミネート盤に掲げ、使いまわしができるように水性のマジックで書きます(プロセス)。
報連相することが少なくなり、短時間で生成物に集中して作ることができまし、上の許可を毎回取らなくていいだけ、だれでもなるべく簡単に、生成できるようになります。(個人スキル)。それをルール化してそれでも足りなければ残業許可をもらう(制度)という発想です。
普通になあなあのままやるより期日通りにちゃんとできるような気がしませんか?会社ではいろいろな仕事をするため大変重要なことでもここまでやらないと忘れてしまう人もいます。書類に関しても同じです。

本日は、以上になります。
今日もブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。

買い支えがある方が投資案件としては良いか?

こんにちわ。西村です。

本日もブログをご覧いただき誠にありがとうごさいます。

買い支えがある方が投資案件としては安定してるかを考えていきます。

例えばまだパッとしないですが、ノアコインは、フィリピンのOFWの人々がその通貨を買い、本国の家族に仕送りするために自分のスマホのウォレットから本国の家族のスマホに送るといった形でノアコインがフィリピンのOFWの人々に多様化されれば、送金手数料もそれほどかからずに、また本国の家族も現金を庭の土に埋めるような管理の仕方もしなくていい、もっと安全に即座に届き、手数料もかからないとしたら、こんなにいいことはないと思います。

ただ、ノアコインがもっと簡単にどこの取引所でも購入できるように今はいろいろなところに上場することがマーケティングの条件となります。

現在はまだウォレットもできていない状態なので、基本的にはまだ上がる要素が私はないと思っています。しかし、早いうちから手を打つため、ある通貨をノアコインに少しだけチェンジェリーにて両替しました。

今はマイイーサウォレットにカスタムトークンとして入っています(やり方はまた別途ブログを書きます)。

他にも最近上がりましたクオンタもADAの弟分ということもあり、ADAユーザーの買い支えがあったのではないかと考えています。

また、ICO案件ですが、アソビコインというコインもあります。これはゲーム系のICOで、ゲームユーザーの買い支えもあると考えています。

よって、買い支えは投資に関しては非常に重要な要素となるのではないでしょうか?

今はノアコインはマーケティングの条件などもそろっていないので、現在のレートでは安いため購入もし易いと思います。
今のうちから買い増して今後の投資に備えていきたいと思います。

本日もブログを最後までご覧いただきありがとうございました。
※ICO情報や仮想通貨の情報などが欲しい方は是非、LINEの友達登録の方ポチッとよろしくお願いします。

本日、仮想通貨(革命コインのMINE)のICO情報です

こんにちわ。西村です。

本日も記事を見ていただき誠にありがとうございます。

本日は現在、新聞や専門書籍などもあるMINE(マイン)をご紹介します。

このコインは革命コインともいわれ、今新聞の広告などで出てきています。

MINEはICOで資金調達した資金で巨大なマイニング工場を建設してマイニング収益を投資家に毎日分配する仕組みのコインです。イーサリアムをマイニングするようです。

法定通貨を一切使わない経済圏を目指すプロジェクト。MINE専用のクレジットカードがあり、それを使い、買い物ができる模様です。

私も先日のICOで購入しましたので、今回は皆様にご紹介したいと思い、ブログを書きました。今回のICOの購入はEtheream、Bitcoin、Ada、Rippleで支払い可能です。私はADAを多少崩す結果となりましたが、少し購入いたしました。本日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

仮想通貨ホットウォレットとコールドウォレット

こんにちわ。西村です。

ブログにご訪問いただきありがとうございます。

ますます仮想通貨が注目を浴び、以前はパソコンだけで管理していたものがその通貨の専用ウォレットなど最近は出てくるようになしました。

コインチェックの事件は皆さん記憶に新しいと思いますが、通貨を取引所に置いておくのは危険ですのでできればウォレットでもコールドウォレットで管理したいところ。

ホットウォレットとコールドウォレットの違いはホットウォレットの場合、オンラインのためハッキングにより資産を失ってしまうかもしれません。しかし、コールドウォレットの場合、オフラインのためハッキングの被害が極めて少ないです。

今回は、自分の財産を守るためのブログになりました。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

怪しいもの=詐欺??

こんにちわ。西村です。

今日は近々の投資についての失敗談です。

日本では従来からわからないもの=怪しいものとして詐欺なのではないかと疑う風習があり、わからないものには蓋をするといったことが良くあります。

従来からの考えで今も仮想通貨のことをギャンブル性があり、なにせ怪しいと踏んでいる方もまだまだ多いのが現実です。しかし、ここ最近になってからCMや新聞・TV等のメディアでもいろいろと話題になり、大手家電量販店でも決済が出来始めて多少実生活に浸透してきたとも思います。そして、今後も利便性からデジタル通貨としていろいろな分野でも使われてくると思いますが、詐欺も多く見かけます。

その時、お金がなかったら詐欺には手を出さないとは思いますが、いろいろな誘惑を我慢し、投資のために貯めているのにそこでそんなことになってしまったら、と考えいつも蓋をしてしまってる方もいらっしゃると思います。

ですので、仮想通貨でもハイリターンを求めるようなICO案件等は非常に慎重に選ばなければならないと思います。私も現在でICOは7件近く投資していますが、かなり慎重に選んでいます。ICOは100件くらいある中の2から3件くらいしか本物は現れないといわれていますし、お金は有限です。また、一旦投資してしまえば、1年から多くて2年は寝かしておかなければ結果が出ないと考えるからです。

先日(5月上旬になります)、私のもとにQNTU(クオンタ)というICO案件が縁故に回ってきましたが、その時、投資のお金がなかったり、忙しかったこともあり、優良案件であるクオンタを逃してしまいました。(普通の日本の方はあまり購入できなかったのではないでしょうか?)上場後、すぐにクオンタの価格が数千倍に跳ね上がり、悔しい思いをしました。

今回は軍資金がなくて蓋をしてしまう形になってしまいましたが、皆さんも常に怪しいものには蓋をするのはもうやめて、良く調べて問題を自分の中で解決し、余剰資金で楽しく投資を行ってみてはどうかと思います。

それでは今日はこれで失礼いたします。ブログを最後まで見ていいただきありがとうございました。